「禁煙マラソン」で成功する

「風邪をひいても煙草は吸う」それは禁断症状。

HOME » 禁煙の方法 » 禁煙マラソン

禁煙マラソン

メールでやめる「禁煙マラソン」

禁煙マラソン

「禁煙マラソン」はインターネットを使った禁煙指導プログラムです。

メールや掲示板を使った禁煙指導で「タバコとさようなら」することができます。

専門家の医療アドバイスと仲間の励まし

一人で禁煙するのは苦しいそう思ったことのある方は多いのではないでしょうか?

禁煙は自分との闘いです。しかし医師や禁煙成功者の適切なアドバイス禁煙する仲間の励ましがあれば、最初の一番キツイ時期を乗り切る大きな助けとなります。

禁煙マラソン支援システム3つのポイント

禁煙マラソンでは禁煙を開始したい人や長く継続したい人に向けて、様々なニーズにあわせたプログラムを提供しています。ここでは禁煙マラソンが提供する支援システムを紹介していきます。

禁煙マラソンの支援体制ポイント① メールと掲示板を使った支援&相談システム

禁煙マラソンの支援方法は、インターネットの双方向性を利用したメールと掲示板が中心です。

<医療アドバイザーの医学的アドバイス>

禁煙マラソンでは医者・歯科医師・保健師・看護士などの「医療アドバイザー」が、禁煙中に生じる医学的問題に対して適切なアドバイスを行います。

全国の専門医師ボランティアによる医療相談窓口が提供されています。

<先輩アドバイザーのきめ細やかなサポート>

過去の禁煙マラソンでの禁煙成功者たちが、ボランティアとして「禁煙マラソン」の運営に協力しています。

メーリングリストや掲示板で、きめ細やかに禁煙チャレンジャー(「ランナー」と言います)たちの相談に答えます。

「吸っちゃいそう」な時は、メーリングリストや掲示板にSOSを出すことで、禁煙仲間や先輩からの励ましとアドバイスをもらうことができるのです。

ポイント② 24時間365日メール対応可能

禁煙マラソンを管理する技術・事務スタッフは、24時間365日の支援態勢を取っています。

禁煙欲求はいつ襲ってくるか分かりません。深夜や休日に喫煙衝動が起きる人も多くいます。

どんなに立派なシステムだったとしても、私たちが困っているときに応えてくれなければ意味がありません。

禁煙マラソンでは常時対応が可能です。階層化された万全を期した支援体制を構築しています。

ポイント③ 徹底した匿名性と個人情報の保護

禁煙チャレンジャーにはイライラや不安といった感情の変化を気兼ねなく話せる仲間や環境が必要です。

しかし職場の仲間や家族など、顔見知りだとうまく相談できないことも多々あります。

禁煙マラソンでは参加者の匿名性を保ち、プライバシーを尊重しているので、安心して仲間や医療スタッフに相談できます。 

禁煙マラソン6つのコース

メールでやめる禁煙マラソン ◆禁煙マラソンPCコース【有料】

※2008年末現在申し込みできません。

パソコンのメールアドレスを使った一番定番のコースです。1997年から10年以上の実績があります。

ただし2008年末現在は厚生労働省の「禁煙支援成果の評価研究」に協力している関係から、利用申し込みが出来ません。

◆禁煙マラソン携帯コース【有料】

※参加登録寄付金 1口:\10,000(1口以上)

禁煙マラソン携帯版です。もちろんPCからでも参加可能。半年間のメールサポートと掲示板での長期禁煙サポートを実施しています。

禁煙マラソンでは約3週間の開催期間中に、1,000通以上のメールが交換されます。

一回の参加者は100人前後

多い日には一日200通以上のメールが届きます。

◆禁煙マラソンメルマガコース【有料】

※参加登録寄付金 1口:\3,000(1口以上)

禁煙メルマガでは、1ヶ月にわたり1日1~2通の禁煙情報(禁煙アドバイス+禁煙マラソンダイジェスト)をお届けします。

大量のメールを受けることが困難な方にはこちらをお薦めします。

◆その他の禁煙マラソン各コース

  • 禁煙ジュニアマラソン」小・中・高校生のみが参加可能(本来ならばタバコとは無縁であるはずですが…)。
  • 禁煙カレッジマラソン」大学生のみが対象(禁煙マラソンは「大学禁煙化プロジェクト」に全面的に協力しています)。
  • ナース禁煙マラソン」看護職従事者のみが対象(しかも女性限定)。
    その公共性からいずれも参加費は無料です。
    ※いまのところ管理人のような男性一般社会人が利用可能なのは「禁煙マラソン携帯コース」のみです。

■禁煙マラソンの具体例と注意点

ここでは「禁煙マラソン携帯コース」に基づいて説明していきます。

禁煙マラソン携帯コース(例)の流れ

【メーリングリスト】

最初の2週間は日に4~8通、3週目以降2ヶ月目までの6週間は日に2通のアドバイスメールが届きます。

禁煙が成功していれば、この最初の2ヶ月間でタバコは止められています。

3ヶ月目から半年までの4ヶ月間は、日に1通のアドバイスメールが届きます。

【掲示板】

禁煙の状況報告や相談やアドバイスなどは携帯掲示板で行います。

携帯掲示板は一年間継続して利用可能です。また「携帯禁煙マラソン」と銘打っていますが、PCからも携帯からも参加可能です。また1年中いつからでもスタート(参加)可能です。

禁煙マラソン利用の際の注意点

【ネチケット】

禁煙マラソンのメーリングリストは心強い味方ですが、利用するためには最低限のマナーをわきまえている必要があります。

禁煙マラソンを完走するためにも、メーリングリストや掲示板を利用する際にはネット上のマナーに注意しましょう。

実際、顔が見えないメールや掲示板では、ついつい議論がヒートアップしてしまいがちなものです。

せっかく共に禁煙する仲間を見つけたのに、ケンカしてては台無しです。みんなで気持ちよく禁煙マラソンを走り抜きましょう。

かくいう管理人も最も長期間、禁煙できていたのは、職場仲間と共に禁煙にチャレンジしている時でした。管理人は思います。やはり仲間との、友情、努力、勝利! の三原則は絶対です!

禁煙タバコ生活

「禁煙マラソン」関連のコンテンツ
コストと効果
禁煙外来
ニコチンパッチ
禁煙グッズ紹介
禁煙旅行
禁煙マラソン
禁煙セラピー
イタリア式禁煙方法
タバコを吸い始めたきっかけ
タバコを吸う本当の理由
禁煙の禁断症状
禁煙コスト
ニコチン依存症診断テスト
ニコチン中毒度診断プログラム

禁煙タバコ生活