「低タールタバコの害」で成功する

「風邪をひいても煙草は吸う」それは禁断症状。

HOME » タバコの害 » 低タールタバコの害

低タールタバコの害

「低タール=安全」のウソ

低タールタバコの害

低タールタバコには「タールの含有量が低いから、あるていど吸っても大丈夫」なんてイメージないですか?

低タールはむしろ有害!?

むしろ多くの人にとって低タールタバコは有害で健康には逆効果です。

さらには低タールタバコは周りの非喫煙者にも、より甚大な被害を及ぼします。

1.喫煙者本人への害

本数を増やし深く吸う低タールタバコ

低タールタバコは総じてニコチン含有量が低いため、喫煙者はなんとかしてニコチンを多く取り込もうとします。

その結果、喫煙者は普通のタバコより深く吸い込んだり、本数を増やしたり、フィルター部分を押さえたりして、ニコチン摂取量を調節します。

低タールタバコの誘惑

低タールタバコにしたら害が少ない…タバコの誘惑はそんなに甘いものじゃありません。人間のニコチンに対する欲望は、小手先の対応では誤魔化されません。

低タールタバコで増加する一酸化炭素

低タールタバコの測定器の煙と実際の喫煙者が吸う煙の濃度はまるで違います。

これは測定方法が実際の人間の吸い方をまったく考慮に入れていないからです。

低タールタバコ用に開発された有孔フィルターは測定器の数値を下げますが、実際にはより多くの喫煙者に有害な煙を与えます。

結果として喫煙者は他の有害物質、特に一酸化炭素をより多く取り入れることになります。

※一茶看過炭素の害については、「一酸化炭素」をご覧下さい。

 

2.副流煙の害

赤ちゃんもちろんタバコを吸う本数が同じなら、タール含有量が低い低タールタバコの方が肺ガンなどの危険性は減ります。

しかし深く吸い込まなくても低タールタバコは、まわりの煙を吸う人により多くの一酸化炭素を取り入れさせます。

副流煙中の有害物質濃度が上昇

低タールタバコの原理は単純で、有孔フィルターによって有害な煙を横穴から大気中に逃がしているだけです。

そのため低タールタバコは周りの人が吸う副流煙中の有害物質を増加させます。

タールの危険性>
  • 肺ガン
  • 喉頭ガン
  • 気管支炎
一酸化炭素の危険性>
  • 心筋梗塞
  • 動脈硬化
  • 循環器系の害

タバコの害はあなた一人の問題ではありません。

家族や職場の仲間のためにも禁煙することをお薦めします。

禁煙タバコ生活

「低タールタバコの害」関連のコンテンツ
依存症
副流煙と受動喫煙
肺ガンになりやすい
胃潰瘍・十二指腸潰瘍の危険性
メタボリック症候群が加速
疲労感がたまる
妊娠中のタバコの害
赤ちゃんとタバコ
未成年者の喫煙
肌荒れ
女性の敵
新宿の喫煙パトロール
低タールタバコの害
ニコチン
タール
一酸化炭素

禁煙タバコ生活